消費者金融の審査のイロハを知っておこう!

消費者金融の審査のキホン

消費者金融で融資を受ける場合、基本審査を受けることになります。消費者金融審査甘い金融の審査は銀行のカードローンと比べると基準が甘めと言われています。といってもだれでも100%通過できるわけではありません。金融業者は申し込みを受けると「信用情報」を参照します。信用情報とは簡単に言えば「信用情報機関」と呼ばれる機関に保管されている個人情報で、申し込み者のこれまでの借入状況や支払い状況、返済の問題の有無など、その人の信用性に関するインフォメーションが参照できます。長期で返済の延滞があったり債務整理中(破産や民事再生など)であったり、代位弁済(第三者機関などに代わりに支払ってもらう事)の事実があったり、強制解約されている過去があれば「金融事故」と言って、返済能力が疑われてしまいます。その場合は審査に受かる確率はやはりかなり低くなってしまいます。

審査の際には「総量規制」を意識するべし

消費者金融は貸金業法という法律によって運営を制限されています。その中で「総量規制」という決まりがあります。これは「申し込み者の年収の3分の1を超えない範囲までしか貸付できない」というものです。年収が3百万円なら1百万円までの貸付です。ですからある人がもしA社ですでに貸付上限に達しているお金を借りていれば、総量規制にひっかかって審査落ちになります。もし年収の3分の1以上の借入を希望している場合は、銀行カードローンであれば総量規制対象外なので、そちらを申し込むと良いでしょう。ただし銀行カードローンのほうが審査が厳しめなのを覚えておきましょう。とはいってもこちらのほうが低金利ですので、借入額によっては得ですから、そこを判断して申し込む必要があります。